平成244月から、ブログ「日本と台湾を考える集い」は新しいホームページhttp://tsudoi-jptw.jimdo.com/に移行しています。「集い」を含む関西の台湾関係行事等の情報は公式サイトをご覧下さい。


2008/12/29

台南の建物/警察署・気象台・旧林百貨店・武徳殿・消防署

タイトル順に画像を紹介しています。
これらの建物はすべて日本時代のものです。それぞれ近くに立地しているので、徒歩で見て周ることができます。
警察署は昭和6年建築ですが、今でも立派に現役です。 旧林百貨店は台湾で初めてエレベータが設置されたそうです。さすがに老朽化して危険なのか、フェンスで管理されていますが、保存対象となっているようです。気象台も20年近く前までは現役だったそうで、耐震設計された立派なものでした。



































2 件のコメント:

koma さんのコメント...

こういう建物が保存されている
っていいですね!
レトロ感があって最高です。
日本ももっと残しておけば
よかったのに…。

トニー さんのコメント...

「なぜ台湾はこんなにも懐かしいのか」

というようなタイトルの本があったと思います。

この建築物の写真を見ていると、、、

自然と上記の本のタイトルと同じ気持ちに

なって来るようです、、、。